http://juniorsftdp.blog130.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback: -- | comment: --
page top

ゴラスピのファーストインプレッションのようです


こんばんは。KING OF THE AIMでいただいたRazer Goliathus Speedが今日届きました。
1日使ってみての感想を適当にぶちまけようと思います。

比較対象として飛燕やQckを使います。
使用マウスはSteelのソールを1枚張りしたIMOです。

■表面
めちゃくちゃサラサラしています。
新品のQckを思い出すサラサラ具合なので、劣化するにつれQckと同じような道を歩むのかが気になります。
表面を指でよく触ると、横と縦で若干感触の違いがある事が分かります。
具体的に言うと横はサラサラ、縦はザラザラといった感じです。
しかし実際にマウスパッドを縦置きして滑りの変化を確かめましたが横置きとの違いは感じられませんでした。


■ペイント
絵の具をぶちまけたかのような特徴的なデザインですが、この緑色の部分を注意深く指でなぞると、超超ほんの少しザラザラしているように感じられます。
しかしこれも横と縦の滑りの変化同様、マウスを動かしてみて分かるようなものではありませんでした。


■厚み
ゴラスピの厚みを皆さんご存知でしょうか?
4mm?そうですね。公式HP等にはそう書いてあります。
ですが実際のパッケージには3mmと書いてあり、実物も間違いなく3mm程度しかありません。
厚さの好みは人それぞれですが、この厚さではQckLimitedに比べて明らかに沈みません。
沈めて止めるプレイヤーは注意したほうがいいでしょう。


■中間層の固さ
Qck+と比べると良く分かりますが、ゴラスピの中間層は硬いようです。これも沈まない原因の一つですね。


■中間層のごわつき
QckHeavyを指で強く押し込みながらなぞると、中間層がごわついてるのが分かります。
そしてこのゴラスピも例外なくそれは確認できました。
しかしここで厚みがたった3mmしかないことがプラスに働き、まったく気になりません。
まず間違いなくマウスを動かしてるときにごわつきを感じることはないでしょう。


■ステッチ加工
マウスパッドのほつれを防止するといわれているステッチ加工が施されています。
しかしそのせいなのか僕のゴラスピでは不自然な歪みが2箇所だけ確認できます。
長い間マウスパッドが丸めてあったのでこのような歪みが出来ていると最初は思っていましたが、この不自然さからしてそうではなさそうです。
この歪みはマウスパッドの隅にほんの少しだけ出来るものなのでまったくプレイに支障は出ないレベルだと思いますが、歪みが発生するくらいならステッチ加工とかいらないと思います。


■滑り止め
まだ気になるレベルのズレは発生してませんが、マウスパッド自体がQck+Limitedより軽いため、比較したらゴラスピのほうがズレると思います。


■滑りと止まり
滑る速度自体は飛燕と非常によく似ています。
表面がまったく異なるため動かしたときと止めるときの感触は全然違いますが。
ゴラスピがヌルッと動いてヌルッと止まるのに大して飛燕はザラッと動いてザラッと止まるって感じですね。まんまですね。


■まとめ
・比較的よく滑る
・それに伴って止まらない
・超サラサラ
・3mmだが中間層が硬いため、Qck+程度しか沈まないと考えていい
・ペイント部分と無地部分はマウスでは絶対分からない程度に表面が超超ほんの少し違う

これからもっと使ってボロボロにしていくのでまた感想変わるかもしれません。

おわり

category: デバイス

page top

« 十二夜がC81のクロスフェードデモを聴くようです  |  十二夜はまたしても情弱だったようです »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://juniorsftdp.blog130.fc2.com/tb.php/792-5d58818b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。