http://juniorsftdp.blog130.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback: -- | comment: --
page top

最近の海外の流行りについてのようです

※注意※
この記事は超十二夜理論です。
独断と偏見を多く含みます。ご注意ください。


恐らく、最近の海外のプロが重点を置いてるのうちの一つは「読み合いを成立させない」ということ。

簡単な例を挙げるとこういうことだ。

対戦相手が打ってきた「生命吸収(X=6)」に対して、あなたの手札は3枚。

実はこの3枚は全て土地なのだが、あなたは一度右手を顎に当てて考える振りをした後、場に置いてある2枚の島に手を伸ばし、少しまた考えた末、「OK」と言うようなもの。

これが「読み合いを成立させない」ベストな方法だ。

常に両方の可能性(この場合は打ち消しを持っているのか持っていないのか)を対戦相手に持ち続けさせることだ。


ではその為には具体的にどうすればいいのか?

今海外で最も流行っている方法は「不完全なSGを炊き、すぐさま突っ込む」だ。

例えば、Dust2のB挟みでセンターを割る場合のSG。

「完璧なSG」はこれ。
de_dust20025.jpg

「不完全なSG」はこれ。
de_dust20024.jpg


もう大体言いたい事は分かってきたと思う。

そう、実際のB挟みで使用するSGは「不完全なSG」のほうが効果的なのだ。

「完全なSG」を炊けば余裕で相手に警戒されてしまうが、「不完全なSG」は「甘え」が出来る。

その甘えに付け入るのが勝利への鍵だ。


他にも色々な要因が考えられるけど、長くなるからやめます。

おわり。

category: 超十二夜理論

page top

« 偽薬効果は儚き十二夜の為にようです  |  十二夜は遂に念願の・・・ようです »

コメント

こういうのやるわー
結構まえからやってたわー

名無しさん@ニュース2ちゃん #- | URL | 2011/03/25 14:32 | edit

俺あんまり対抗呪文って好きじゃないんだよね。
え?俺が好きなカード?
ショックに決まってんじゃん

JUNiOR #jgfwBq0Q | URL | 2011/03/25 14:47 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://juniorsftdp.blog130.fc2.com/tb.php/717-874771b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。