http://juniorsftdp.blog130.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback: -- | comment: --
page top

the Embodiment of White Cat.

こんにちは。

する事無かったのでDAのLEDの色を変えてみました。 


無題_0000001 

嘘です。編集しただけです。

お詫びに白ちゃん~机を支配する猫~貼っておきますね。

20100413215140a.jpg

どうしてこうなった



スポンサーサイト

category: その他

page top

暇を持て余した十二夜が本気を出した東方アレンジランキング(笑)

本気と書いてガチと読む。

する事無いから本気で東方アレンジランキングを考えた。

思い出補正とかその他もろもろの補正が掛かってるのは確定的に明らか。

ちなみにこの記事書くのに3時間くらいかかった。何してんだ俺。

それにしても挙げた曲全部youtubeに上がってるとかまじパネェよな。


HR/HM
10位 Demetori - ネクロファンタジア ~ Remix
Demetoriの代表曲の一つといっても過言じゃないくらいの大物。しかしなぜかランクは低い。

9位 nazz-can - ラストリモート
ピアノソロもあれば激しいサビもあるシンフォニックメタル。そのどちらも1度きりしかないというなんとも計算された腹黒い曲。だがそれがいい。

8位 Demetori - 信仰は儚き人間の為に ~ Jehovah's YaHVeH
最初から最後までクライマックス。BPMは180らしい。プロテスとシェルとヘイストとマイトレインフォースを味方全員に掛けて戦おう。なんか違うゲーム混ざってた。

7位 UI-70 - 二色蓮華蝶~Red and White~ Remix
始まりの3秒間だけのランキングを作ったならこれがブッチギリで1位。地域マラソンで何を思ったのかいきなり全力疾走しちゃうこの感じ。何言ってんだ俺。

6位 Demetori - 妖怪の山 ~ Mysterious Mountain
妖怪の山のシンプルなHR/HMアレンジ。しかしそのサビはまさにMysterious Mountain。

5位 UI-70 - 竹取飛翔~lunatic princess
こちらも最初から最後までクライマックス。四天王の最後の一人が余りにも強すぎるため勇者は旅に出る。

4位 彩音 ~xi-on~ - 感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind
たけのこごはん!たけのこごはん!まさかの彩音 ~xi-on~。しかしこれは俺のたけのこごはんランキング。何も不思議じゃあない。たけのこごはん!たけのこごはん!

3位 Demetori - 優雅に咲かせ、墨染の桜 ~ Boder of Life
こちらもシンプルなHR/HMアレンジ……と思いきやその実態は実は涙を誘う演出が二箇所ほど施された神アレンジ。特にこの2:20からの盛り上げ方はFF4のゼロムス戦のあれを沸騰させるかのような熱く熱いものを持っている。

2位 Demetori - 天狗が見ている ~ Eye of the Needles
まさかの天狗が見ている。俺はこの曲を聴いて天狗が見ているを大好きになったが、原曲を聴いたらこれと全然違って枕を濡らした記憶がある。しかしそれでも天狗が見ている。

1位 Demetori - 童祭 ~ innocent Treasures 
わらべまつりと読むらしい。もう何も語るまい。



テクノ・エレクトロニカ
10位 Tsukasa - Accelerator
一方通行(アクセラレイター)ではない。読み方は同じだけど。ちなみに俺の能力の名前は不可予知(インポッシブルプレディクト)。マインスイーパーで不可予知を必ず出す程度の能力。

9位 Rolling Contact - DEADLYBLOW
ネイティブフェイスの疾走感溢れるスーパー疾走感溢れるアレンジ。

8位 REDALiCE - Graven Image
まさかの御柱の墓場。しかしそんなの関係ない。

7位 zikee - Apollo13
zikeeの変態さが爆発した変態アレンジ。3:20から始まる幻想的な感じはまさに宇宙(コスモ)を感じる。コスモとコスモスってなんか似てるよね 。

6位 ziki_7 - Last Remote
ラストリモート。最後の遠隔である。最後なのか最期なのかでよく議論が巻き起こるが俺は最後だと思う。なぜかって?そっちのほうが一般的だからに決まってる。話を戻そう。このアレンジはまさに焦らしプレイの頂点に立つアレンジ。ラストリモートのあの奇跡とも言えるサビがあるからこそ初めてここまで聴いている者を焦らすことが出来るというもう本当に奇跡のアレンジ。奇跡ってなんか言えば気が済むんだよ。ミラクルフルーツ(笑)

5位 8STYLE vs Sato-king - Far East meets West
ま・さ・かの聴いたこともないアレンジャー。しかしこれはなんとあのSOUND HOLICのアルバムに収録されているのだ。聴いてみれば分かるがこのアレンジ、只者ではない。東の国の眠らない夜が持つ疾走感を更に加速させ、空気との摩擦を最大限まで引き伸ばし炭化させてしまったのがこのアレンジである。ちなみに俺は炭化する前に蒸発した。俺は実は液体なのだ。

4位 REDALiCE - Deadline
幽雅に咲かせ、墨染めの桜のハードコアアレンジ。ハードコアといえばなんかぐぁんぐぁんうるさいイメージがあるが、これは違う。これはそう、原曲の名のとおり、美しく咲いた桜の下から覗く透き通った青空を表現しているのだ。すいせん適当言いました。

3位 REDALiCE - Welcome to Drakcore
ウェルカムトゥダークコア。中二病ネームである。そして曲もその名に負けじとかなりの中二病だ。あのアルティメトトゥルースをここまでダークネスに仕上げたアレンジが今まであっただろうか?否、あるはずがない。

2位 REDALiCE - Purple Storm
ネクロファンタジアといえばこれ。誰がなんと言おうとこれ。まさに「ネクロファンタジア」って感じがする。すげぇする。ちなみに曲名であるパープルストーム(紫の嵐)は個人的に「ぶどうの雨」だと思っている。空からぶどうが降ってきて桶屋が儲かるのである。

1位 zikee - Requiem For A Nightmare 
――zikee was hentai.(zikeeは変態だった)。――i know(知ってるよ)。――kuknow kyoku no doko ga skii?(この曲のどこが好き?)――all(全部)。



ヴォーカル
10位 SOUND HOLIC - KAZE NO KIOKU
エンディングテーマといえば紅楼かさくらさくらだが、KAZE NO KIOKUはその両者の間めがけて時速120kmで割り込んでくるエンディングっぽい曲である。

9位 TAMUSIC - 緋色のクオリア
確率分布を支配する何か 殺してあげる――。「お前は一体何を言ってるんだ?」とは言ってはいけない。それが緋色のクオリアの世界であり、半分はそれなのである。そして残りの半分はこの流れるようなスタイリッシュさを控えめにかつ大胆にキメた感じである。

8位 SOUND HOLIC - Earthquake Super Shock
なんか、頭文字DのOPを思い出した。個人的にこの日本語と英語を交互に歌う感じはすげぇダサいと思うんだけど、さっき言った頭文字DのOPとこれはそれを逆手にとってなんか知らないけどかっこよくしてる。まさに神業を以って生まれた曲である。

7位 Alstroemeria Records - Bad Apple!! (REDALiCE Remix)
神曲をREDALiCEがRemixするとどうなるの?答えは簡単である。更に神曲になるだけである。

6位 SOUND HOLIC - Grip & Break down !!
SOUND HOLICのユーロビートシリーズは本当にいい仕事をしてくれる。Grip & Break down !!も例外ではない。「弾幕にしろよ?」と狙ったとしか思えないサビに流れる「もあもあもあも~♪」はものすごい中毒性と爽快感と一体感を僕らに与えてくれる。

5位 SOUND HOLIC - Drive my life
頭文字Dを意識しすぎた結果がこれ。先ほどのGrip & Break down !!が時速140kmだとしたらDrive my lifeは126立方センチメートルくらいすごい。

4位 Innocent Key - Wanna Be My Dream
Baby!! I want you!!とか言っちゃうInnocent Keyのユーロビートアレンジ。個人的にこれはヤンデレ曲ではないかと思う。Baby!! I want you!!にシンクロして流れるスプラッター的な何か。そして彼女は肉片となった何かを食べながら君を手に入れるんだ。ちょっと怖い。ちょっとじゃねぇな、すごく。

3位 SOUND HOLIC - Fall of Fall
フォールには二つの意味があるらしい。一つは滝、もう一つは秋めく、だ。こんなこと言っちゃあすげえ失礼だけど、このおばさんっぽい声が曲となんともいえないダンスを踊っててやばいと思う。ごめんよく分かんなかったね。

2位 SOUND HOLIC - Highway to Heaven
きた!ハイウェイトゥヘブンきた!これで勝つる!!!!!!!!!もうミラクルフルーツ(笑)とか言わせないこの感じ!だってアイビリーブミラクルイズカミングヒアナウ!だぜ?もうやばい。つまり俺が何をいいたいかっていうと、Get it up ! Get it up ! Get it up ! Let's Bounce ! Bounce ! Bounce !

1位 SOUND HOLIC - No Life Queen
もう何も語るまい。

総合
10位 UI-70 - 竹取飛翔~lunatic princess
9位 彩音 ~xi-on~ - 感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind
8位 Innocent Key - Wanna Be My Dream
7位 SOUND HOLIC - Fall of Fall
6位 Demetori - 優雅に咲かせ、墨染の桜 ~ Boder of Life
5位 Demetori - 天狗が見ている ~ Eye of the Needles
4位 zikee - Requiem For A Nightmare
3位 Demetori - 童祭 ~ innocent Treasures
2位 SOUND HOLIC - Highway to Heaven
1位 SOUND HOLIC - No Life Queen

アコースティックのランクが無いのはどこまでがアコースティックなのか良く分からないってのがあって、10位までランク付けするのが大変だったから。


Demetori - ネクロファンタジア ~ Remixの順位が低いのは聴きすぎたのが一番の原因だと思う。
なんかこう、聴きすぎて角が削れた感じ。何言ってんだ俺。

一ヵ月後にまた同じようなことしたらかなり順位も変わってくると思う。

まさかのシリーズ化の複線をチラリと張ってターンエンドだぜ。


category: 東方アレンジ

page top

暇を持て余した十二夜のCSSノート(仮

CSSノートを更新しろと言われたので更新しました。

これを書いておくことによって「なんだよこれ。誰得だよ。」って言われても大丈夫なので安心出来ますね。

さて、今回のCSSノートは今まで以上に無いネタを振り絞って更新しました。その為、暖かい目で見ていただければ幸いです。



話は変わりますが、プレイヤータイプを区別するための種類には、アサルターとかAWPerとかオールラウンダーとかがありますよね。

しかし、そのどれにも属さないプレイヤーがいることをご存知でしょうか?


それがex6tenzです。


この間、そのex6tenzの新しいムービーが出来たとのことなのでここで紹介させていただきます。

このムービーはフラグシーンを重視した編集をしていますが、テンポも良く編集すべきところはしっかりと編集がされており、濃い10分間を飽きさせずに提供してくれます。

そしてなんといってもこの4:12から始まる演出には作者のセンスがキラリと光っています。
さすがの僕もこれには失明しました。




目医者行ってきます。


category: CS:S

page top

十二夜の黒夜葬を楽しく聴くための方法

いや、別にどんな聴き方してもいいと思うんですけどね。

ちなみに、黒夜葬っていうのはブラックメタルを中心にアレンジするサークルのことで
ブラックメタルっていうのは「なんじゃーこりゃー」って感じのジャンルのことですよ。



最近、僕も夜葬を聴けるようになってきました。

なんつうか、黒夜葬はつぶれた音というかダークネスな音が重なり合ってすげえカオスなことになってるじゃないですか。多分こういうのがブラックメタルって言うんでしょうけど。

でもそんな混沌とした音の中に、原曲のメロディがひそかに混じってるんすよ。

混沌とした音の中に、羊羹マンが!! じゃないっすよ。

それを探しながら聴くと面白いです。

例えば[Es]の箱庭だったら1:15からとか。



何を言っているのか分からねぇとは思いますが、そんなところがいいんです。

おわり



category: 東方アレンジ

page top

暇を持て余した十二夜の過ち

『AIMはする』、『リコイルコントロールもする』。「両方」やらなくちゃいけないってのが、「アサルト」の辛いところだな。覚悟はいいか?俺は出来ている。



なんだこれ。






なんだこれ。


category: その他

page top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。