http://juniorsftdp.blog130.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback: -- | comment: --
page top

ポエマーのいざよいジュニア先生のようです

そう、「ヴォーカル」ってのは一つの「ジャンル」なんだよ。

同じように「インスト」ってのも一つの「ジャンル」なんだ。

だから、「インスト厨」と「ヴォーカル厨」、この犬猿の仲ともいえる二つの「厨」はまったくもっておかしい。

俺のジャンル理論でいけば、これは「HR/HM厨」と「テクノ厨」と大差ないからだ。

本当の「厨」ならば語るべきだ。聞かれてもいない「厨」らしさを語るべきだ。

「ヴォーカルがクソだからインストを聞く」じゃない。

「インストが好きすぎるからヴォーカルを聞かない」なんだ。

そして、それらを見守る「自称『どっちも聞く俺は勝ち組』厨」はひたすらに見守るべきだ。

「どっちも聞く俺は勝ち組だなw」じゃない。本当の勝ち組は、「全ての東方アレンジを網羅したと自負し、その中で自分の好きなアレンジを知っている」者だけだろう。

だからかもしれない。俺が最近、新たな東方アレンジを見つけることに戸惑っている訳は。

もし仮に、俺の知らなかった曲が俺の知っている曲をはるかに凌駕するようなものだったら、それは自分を勝ち組だと思っていた者が負け組に成り下がるのを認める事に他ならない。

そしてその瞬間、俺は素直に「神アレンジきた!!wwwwこれで勝つる!!www」と喜べるだろうか?

それとも、「はぁ、なんでこんな神アレンジ今まで知らなかったんだろう……」とか言いつつベストアレンジにそっと加えるだろうか?

……分からない。だからこそ怖いんだろう。

だが、ここで歩を緩めるわけにはない。

歩を緩めたその時、俺の東方アレンジはここまでだろう。

まだ知らない、未知なる東方アレンジを求めて、今日も俺は行く。


スポンサーサイト

category: ポエム

page top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。