http://juniorsftdp.blog130.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback: -- | comment: --
page top

ゴラスピのファーストインプレッションのようです


こんばんは。KING OF THE AIMでいただいたRazer Goliathus Speedが今日届きました。
1日使ってみての感想を適当にぶちまけようと思います。

比較対象として飛燕やQckを使います。
使用マウスはSteelのソールを1枚張りしたIMOです。
▼続きを読む▼
スポンサーサイト

category: デバイス

page top

十二夜がオカルトの話をするようです

デバイス、特にマウスとマウスパッドを使う上で最も重要なオカルト要素は何だろう。
形?性能?滑り?相性?
違うんだなこれが。
最も重要なことそれはどれだけ盲目的に使い続けられるかということじゃないだろうか。

デバイスへの不満を取り除きゲームに集中するというのは重要だ。
デバイスに意識が行ってしまいその分ゲームへの集中力がそがれるのは良くない。

盲目的に使い続ける為にはいくつかの思い込みが効果的だ。
・あのプレイヤーが使ってるからやばい
・超高かったからやばい

こんな思い込みさえあればある程度のデバイスへの不満はスルーできる。

しかしそれがあまりにもスルーできないレベルに達している場合は即座に別のものに買い換えるのがいいだろう。
「あーまじこのマウスパッドすべらねー死ねばいいのに」とか言いながらプレイしてるともれなくマゾ認定されるだけだ。

この買い替えというのはどっちに転んでも非常に有効な手段の一つだと思う。
買い替えていいやつを引いたらそりゃ良いに決まってる。
逆に買い換えたやつがゴミだった場合でも考えようによっては別にそれでも良い。
例えば3000円のマウスパッドに買い換えたけどあんまり良くなくて、結局元々使ってたマウスパッドのほうが良かったみたいなのは考えようによっては無駄な出費じゃない。

3000円出して今使ってるマウスパッドの良さを確認出来るんなら安いもんってのもワンチャンある。それは盲目的に使い続けられるということに直結するのだから。
まぁ俺なら3000円分のパンを買うが。

そろそろ本題に行こう。
デバイス厨の諸君!
あんまデバイス持ってると羨ましいから買うな!
持ってても写真とか載せんな!
つうか持ってても使わないんだったら破壊しとけ!
選択肢を潰せ!
「あーこれやっぱダメだあれ使ってみよ」とかいう選択肢を潰していけ!


そーゆーわけだ。
破壊されたデバイスの数々の写真待ってま~す。

category: デバイス

page top

十二夜がDAとIMOを比較していくようです

「絶対的な価値観を持つことができず相対的にしか判断できない人種」って、てめぇの顔も見飽きた人が言ってた。

ってことで例に漏れない俺はDAとIMOを比較した。



■初めに
筆者の十六夜十二夜は、DAを3年間以上使い続けていましたが、ある日道端で転校生とぶつかったことからIMOを使い始めました。


■形
ぶっちゃけどっちもどっち。
ベッタリとした被せ持ちならDAのほうが手にピッタリフィットする。
軽いつまみ持ちならIMOのほうが小さいのでやりやすい。
慣れてしまえば俺は別にどっちの形でもいいと思った。
だから形は引き分け。


■コーティング
DAのサイドはよくゴミコーティングだと言われているが、トップのコーティングは高く評価されている。
それでいくと、IMOは全体がゴミコーティングと呼ぶのが分かりやすい。
トップもサイドも救いようがないくらい滑る。
だからコーティングはDAの圧勝。


■重さ
IMOは非常に軽く、DAは非常に重い。
健康的な成人男性ならともかく、箸より重たいものを持ったことが無いような喘息紫もやしっ子にDAは辛かろう。 冗談はされておき、重さというのは非常に大きな武器らしい。
かの有名なDで始まる豆腐屋漫画でも「重さはまじでどんなカスタムよりチートwww」って言ってたくらい。
IMOとDAを持ち比べればすぐにそれが間違っていないことを理解できる。
具体的に言えば「すぐ動いてくれる」
つまりこの重さの勝負はIMOの勝ち。


■クリック

DAのクリックはゴミ。
DA視点から見ればIMOのクリックは神の領域。
だがしかし、一般的なマウス達から見てIMOは別に神の領域なんかじゃない。
つまりIMO視点から見たDAのクリックはもうゴミなんてもうそんなレベルじゃない。
ってことでクリックはIMOの不戦勝。勝負が成立しない。


■センサー
これはクリックの反対。
リフトオブディスタンスはどちらも申し分ないが、ネガティブアクセルの起き難さとなるとIMOはもう死んでいいレベル。
「ちょっとお前そこでジャンプしてみ?」って怖そうな巫女さんに言われたらもう涙目になるくらい。
だからセンサーはDAの圧勝。


■総評
DAはセンサーとトップのコーティングが凄い。クリックはゴミ。
IMOは軽くてクリックが凄い。センサーはゴミ。



ということでどっちが最高、どっちがゴミ!というふうには決められませんでした。
争いは同じレベルのもの同士でしか起こらないといいます。
だからこの両者を高みから見物しているようなマウスがあったら俺はそいつに会いに行きたいです。

おわり。

category: デバイス

page top

十二夜はDAを捨てたようです

DAを捨てた先に何があるのか。

答えは神のみぞ知るだろう、って偉い人が言ってた。


今回僕が用意したIMOのセッティングはこのようにしました。

ソールは1枚張り(Steelのものを使用)
DSC00292.jpg

両サイドにグリップテープ(ARTISANの鉄壁を使用)
DSC00295.jpg

右クリにティッシュ(エリエールのティッシュを使用)
DSC00294.jpg


まだ使用してから2日目で大したことは言えませんので、後日改めてIMOについて書きたいと思います。

それでは。

category: デバイス

page top

十二夜が年収1000万以上のイケメンを探しているようです


デバイスプロの皆様へ

以下の全てに該当するマウスを探しています。
もしご存知であればお教えください。



①IE3.0やIMOのようなクリック (DAみたいにゴミなのはダメ)
DAには無い確かなクリック感を求めています。

②XAIのようにマウスの右サイドに出っ張りが無い
僕の持ち方では右サイドに出っ張りがあると薬指が壊死します。真面目に。

③右クリックにティッシュを詰めれる余裕がある
右クリックを押せなくする最も簡単な方法なのでこれも重要です。

④ドライバーが付いている
右クリックを押せなくするので、他のボタンに右クリックを割り当てる必要があります。

⑤サイドボタンが最低でも一つ付いている
④で説明した右クリックをサイドボタンに割り当てる為に必要です。

⑥直線補正が切れる、又は無い
直線補正は宗教的に無理なのでこれは重要です。



以上の6点です。
ネガティブアクセルや大きさ、DPIなどはこの際何でも構いません。

よろしくお願いします。

category: デバイス

page top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。